RNN時事英語辞典

RNN時事英語辞典ブログ

My単語カード ver.2 リリース―ドラッグ&ドロップでカードの整理

My単語カードがver.2になってさらに便利になりました。

デザイン一新! リストで単語カードを自在に分類

My単語カードのデザインを一新しました。ver.2の最大の特徴は、「リスト」を導入して、たくさんのカードを分類できます。

scrn01

リストには自分の好きな名前をつけて管理できます。さらに、色も選べます。

scrn03

リストは5つまで作成できるので、ジャンル別に分けたり、覚えたもの、これから覚えるもので分けたり、カスタマイズできます。

scrn04

カードをドラッグ&ドロップで整理

単語カードの並び順は、ドラッグ&ドロップで自由自在に変えられます。もちろん、リスト間の移動もドラッグ&ドロップで。

scrn02

これまでの利便性はそのまま

RNN時事英語辞典に掲載している言葉をMy単語カードに追加するには、「保存」ボタンをクリックするだけです。単語のほかにも用例もカードとして保存できます。自分だけの単語集、例文集が作成できます。

RNN時事英語辞典に載ってない言葉もカードに追加できます。学校のテストや資格試験の勉強にも活用できます。

保存可能なカード枚数はたっぷり500枚まで。

カードの上をクリックすると、英語と日本語が切り替わります。

各カードには、コメントや「重要」「覚えた」といったマークを付けることができます。

利用は無料

RNN時事英語辞典 ホームページで会員登録すれば、My単語カードの利用は無料です。

RNN時事英語辞典
RNN時事英語辞典 My単語カード デモページ
RNN時事英語辞典 My単語カード

移行期間ののち、10月中にすべてver.2に切り替える予定です。

【お詫び】My単語カードへの言葉の追加で一部不具合

いつもRNN時事英語辞典をご利用いただきましてありがとうございます。

RNN時事英語辞典PC向けサイト、スマートフォン向けサイト、RNN時事英語辞典アプリの機能である「My単語カード」の一部で、不具合がございました。

【現象】

  • 「保存」ボタンを押しても単語カードに保存されない。
  • 「保存」「削除」ボタンの表示がおかしい。

現在は不具合を修正し、復旧しております。

ユーザーのみなさまにはご迷惑をおかけしました。申し訳ございません。

前方が透けて見えるトレーラー

もし自分の車の前を走るのが巨大なトレーラーだったら、前方がまったく見通せず慎重な運転になります。当然、トレーラーを追い抜こうとするのはリスク大です。

ところがこのトレーラーが前を走っていれば、ドライバーの不安は少し減るかもしれません。

韓国サムスンが実験したこのトレーラーは、前方にカメラを付けて走っており、その映像を荷台の後部に投影しながら走ってくれるため、後続のドライバーの見通しもよくなります。あたかもトレーラーが透けているかのように見えます。

大胆な発想ですね。

アメリカのテレビ局ABC NEWSのWebサイトを取り上げました。240語。

4月30日、フィーチャーフォン向けサイト終了します

スマートフォン利用の増加と、フィーチャーフォン利用の減少により、RNN時事英語辞典フィーチャーフォン向けサイトを2015年4月30日をもって終了することと致しました。

ご利用のユーザー様にはご迷惑をおかけいたしますが、今後はPC向けサイト・スマートフォン向けサイト・アプリをご利用いただきますよう、お願い申し上げます。

My単語カード、最大保存カード枚数を500枚に増量!

RNN時事英語辞典サイト内のお気に入りの言葉や、覚えておきたい単語などを自由に保存して、サイトやアプリから利用できる「My単語カード」の最大保存カード枚数を、これまでの2.5倍の500枚に増量します。

これにより、残り枚数を気にすることなく、どんどん単語カードを増やしていくことができます。

My単語カード: http://rnnnews.jp/myaccount/

app_mycards

人のDNAデータから作った似顔絵は似ている??

dnaface

米ペンシルベニア州立大学の教授が開発した、DNAデータから似顔絵を作る技術を使って、ニューヨーク・タイムズの記者が面白い実験を行いました。

「この方法で同僚の似顔絵を作ったら、どれくらいの人が本人を言い当てられるのだろうか。」

まず、記者は社内で似顔絵を作るためのDNAデータを提供してくれたボランティアの同僚2人の似顔絵作成を、その教授に依頼。その際、名前や身長、体重、年齢といった情報は伏せておきました。

そして出来上がった似顔絵を、ほかの社員に見てもらい、一体何人が似顔絵の元となった人物を言い当てることができるのか、実験しました。

その結果はいかに…。続きはニューヨーク・タイムズの記事をお読み下さい。

老後はエクアドルで過ごすのはいかが?

「定年退職後は海外で過ごす」といった夢をお持ちの方は必見。「インターナショナル・リビング」が気候や医療、生活費などを指数化して、老後生活を送りやすい国のランキングを発表した。

それによると、1位になったのは南米のエクアドル。最近価格が若干上がってはいるが、お気に入りの住まいを見つけやすいという。さらに65歳以上は飛行機、公共交通、映画、スポーツイベントなどが割引になる。生活費の低さも際立っている。医者の診察を受けても1回10ドル程度、レストランでは2.5ドルほどで食事ができる。家賃含めても1400ドルあれば夫婦で暮らしていくのに十分だ。

アジアではマレーシアが第4位にランクインした。低コストでぜいたくな生活が可能という。例えば、プール付き148平米の部屋の家賃が月850ドルとお手頃だ。また、平均約27度という気温も過ごしやすい。

bestplacetoretire